診療部門のご案内

歯科口腔外科センター

img

病院歯科ならではの治療が強みです

他科との連携が行える歯科

歯科・口腔外科センターでは、舌がん、歯肉がん、頬粘膜がんなどの悪性腫瘍、顎骨・口腔軟組織・唾液腺に生じた良性腫瘍や嚢胞、炎症性疾患、顎顔面外傷(骨折・脱臼・歯牙破折)などに対する外科的な治療を専門としています。病院歯科としての特性を生かして、入院下による顎口腔機能の早期改善を目指しています。また、さまざまな内科的疾患を有する方の歯科治療(虫歯や歯周病)も他科と連携しながら行っています。

口腔がんの早期発見を目指しています

当科では、特に口腔がんの早期発見に注力しており、口腔がん検診をいつでも受け付けております。口の中の腫れ物、できもの、しこりなど、少しでも気になる場合は是非検診にお越しください。また、岸和田盈進会病院では、リハビリテーション部とともに摂食・嚥下外来も行っています。病気や加齢により食べたり飲み込んだりする力が弱くなった方が、「上手く飲み込めない」などの症状がある方は、是非一度ご来院下さい。

取扱っている主な疾患

口腔外科疾患:
全身麻酔による手術をはじめ、あらゆる口腔外科疾患に対応いたします。炎症性疾患(腫瘍・蜂窩織炎・上顎洞炎・各種顎炎の消炎)、嚢胞・腫瘍の手術、顎顔面外傷、顎骨骨折の手術、唾液腺疾患(炎症・腫瘍・唾石症等)、軟組織疾患(口内炎・舌炎・嚢胞等)、神経疾患(三叉神経痛・非定型顔面痛・各種神経麻痺)、口腔心身症などです
摂食・嚥下障害:
食事の際にむせる、飲み込みにくいといった患者さまや、口腔ケアが困難で誤嚥性肺炎を繰り返すといった患者さまに対し、摂食・嚥下障害の原因を調べ、診療・口腔ケアの指導、リハビリテーション、嚥下造影(VF)検査などを実施しています。
その他:
各種マウスガード(スポーツガード)、睡眠時無呼吸症候群治療用マウスピース作成、デイサージャリー(日帰り手術)も行っております。インプラント時CT検査依頼も承っております。
埋伏智歯抜歯:
(親知らず抜歯)
親知らずは、奥にあるので知らず知らずのうちに虫歯になってしまうことがあると言われています。中でも虫歯が隣の歯に移ってしまっている場合や、神経まで進行しているような深い虫歯であれば早急に抜歯をした方が良いと言われています。 親知らずが埋まっている場合は高度な技術を要求されるため、親知らずの抜歯に精通した歯科医でなければ処置が難しいことが多いと言われています。また、歯の根元には神経があるため、処置をする前にCTなどで神経と親知らずの位置関係を把握する必要があります。
顎骨嚢胞:
身体の中に形成された病的な袋上のものを嚢胞(のうほう)といいます。一般的にはその中に液状の内容物が入っており、ほとんどの嚢胞はその内側が上皮によって覆われています。 口腔外科領域には顎骨内にできる嚢胞と口腔の軟組織に発生する嚢胞があります。また、嚢胞はその成り立ちから先天性のものと後天性のものに分かれています。治療は嚢胞の摘出を基本としますが、嚢胞の開窓(かいそう)を行って埋伏歯を萌出させることもあります。

img