先輩の声

病棟

病棟は明るく活気に満ち溢れています。

  • 部署

    回復期リハビリ病棟

  • 氏名

    K・F

  • 職歴

    11年(当院10年)

  • 子育て

    あり

  • 卒業校

    国立療養所千石荘病院付属専門学校

私は20代前半で入職し、仕事と結婚と3人の子供を出産し、13年が経ちました。職場は幅広い年齢の方が働いているので、仕事と家庭の両立など、アドバイスを頂けています。
病棟は明るく活気に満ち溢れています。
現在、回復期リハビリ病棟で勤務していますが、入院時には移乗などにも介助が必要な方が退院時には笑顔で歩行され、帰宅される姿を見ると、この患者さまの看護に関わることができたことを嬉しく感じます。しかし、入院生活を受け入れられない方に関わる時には悩んでしまうこともありますが、周りのスタッフや他職種の方と相談しながら、また師長や主任からの指導を頂きながら取り組んでいます。

「定年退職まで働きたいと思える職場探し」
で見つけたのが、盈進会病院でした。

  • 部署

    回復期リハビリ病棟

  • 氏名

    H・I

  • 職歴

    23年(当院5年)

  • 子育て

    あり

  • 卒業校

    錦秀会准看護学校 泉州看護専門学校

高校を卒業して事務職3年、販売3年、24歳で「資格を!」と思い、親戚に看護師が多かったので何となくなってみた看護師。
結婚、出産、育児などを理由にどんどん地元に近づくように仕事を転々としました。
子供も手が離れ「定年退職まで働きたいと思える職場探し」で見つけたのが盈進会病院でした。
何が?どこが?建物は古いし、交通の便は悪いし・・・。しかし、面接に来たとき、看護部長始め職員一人一人の雰囲気がとてもよかったのです。即決でした。ここに勤めてから自分が少しずつ見えてきて、良くも悪くも「自分って、こんな人間なんだ」と現在もなお、新たな自分を発見し、不足を補うため脾部少しずつですが前に進んでいます。

院内は明るく働きやすい職場だと感じています。

  • 部署

    回復期リハビリ病棟

  • 氏名

    N・Y

  • 職歴

    15年(当院2ヶ月)

  • 子育て

    なし・子供あり

  • 卒業校

    岸和田市医師会看護専門学校

私は、この4月に盈進会病院に入職しました。それまでは急性期病棟で勤務し、業務が多忙で看護師としての役割に疑問を感じていました。そんな時に当院の求人案内をみて面接だけでもと思い来院。病院内では出会う職員の方の挨拶と対応が爽やかであった印象を受けました。入職時に人事部長が「先に挨拶されたら負け」と言う方で、率先して挨拶をすることがモットーだそうです。そういった風潮が影響してか、院内は明るく働きやすい職場だと感じています。
配置された病棟は回復期リハビリ病棟で、これまでの病院の印象とは違い、モニターや呼吸器音などの緊張を生じる中ではなく、穏やかな雰囲気に包まれています。
回復期リハビリ病棟では、患者さまに医師・セラピスト・MSW・看護師・看護補助者の介入により、簡単な会話が可能になったり、自分で食事を摂取できるようになったり、歩行訓練をしている姿を見ることが驚きでした。何より家族が日々、変化する患者さまの姿をみて、喜びと感謝の気持ちを伝えて下さるのが看護師として嬉しく、励みになります。たった2ヶ月でこういった体験をさせていただきました。これから学ぶことは多いのですが、今は自分が普通にしていること・欲求を患者さまに重ね合せて患者さまの思いに沿った看護をしたいと考えています。その上で看護師としての専門性を活かし、看護にあたりたいと思います。回復期病棟1年生のスタートだと考え頑張っていきます。

日々患者さまにとってよりよい環境づくりができることを心掛けています。

  • 部署

    1病棟5階(副主任)

  • 氏名

    M・S

  • 職歴

    14年

  • 子育て

    なし・子供あり

  • 卒業校

    河崎看護専門学校

当院に勤務し、早いもので今年14年目となりました。いろいろな部署を経験しましたが、現在勤務している1病棟「急性期)が一番長くなりました。1病棟は、整形の手術やBAEなどによる短期入院の患者さま、入院後すぐに他の病棟へ転棟することがある病棟です。しかし、スタッフ間での情報交換や報告、連絡、相談を行ない、日々患者さまにとってよりよい環境づくりができることを心掛けています。
そのため、リハビリスタッフや地域医療のスタッフ、コメディカルとの連携を大切にしています。
数年間のチームリーダーの経験を経て、副主任となり2年目であり、スタッフへの指導を通して自分自身の行動や言動も見直すことができ、少しずつ成長することができたと思っています。
4月より新しいスタッフも増え、若いスタッフも多くなったことで、病棟内がより一層明るく元気になったような気がします。私もそのパワーを貰い、これからも頑張っていきたいと思います。

スタッフの可能性をうまく引き出せるリーダーを目指し、日々奮闘中です。

  • 部署

    1病棟5階

  • 氏名

    N・O

  • 職歴

    25年(当院3年)

  • 子育て

    あり

  • 卒業校

    日本医療学園附属東亜看護学院

現在1病棟Bチームのチームリーダーとして勤務しています。リーダーという位置は私の中では一番苦手とする分野であり、この話を頂いた時は自分に務まるか不安がありましたが、師長・主任の支えもあり現在に至ります。ここに就職した3年前も、看護歴も長く仕事が好きではあったが、今さら勉強は・・・と考えていた私に、看護協会に入り研修に参加することへの楽しさ、仕事をするのも大切だけど、違う道でのスキルアップも考えてみては?とアドバイスをくれた看護部長には感謝しています。日々のケアを介し、患者さまの回復を感じ患者さまの心に寄り添う中、スタッフ一同やりがいをもって仕事をしています。患者さまも看護師も十人十色でその関係性はそれぞれ異なります。看護師はその関係性の中から自分を振り返り、自分らしい看護を探しながら成長する、スタッフの可能性をうまく引き出せるリーダーを目指し、日々奮闘中です。

ページのトップへ