先輩の声

認定看護師

心を寄せることがリハビリ看護の原点であると思っています。

  • 部署

    回復リハビリ病棟

  • 氏名

    池上理恵子

  • 認定歴

    2年目

  • 認定看護師

    回復期リハビリテーション看護認定師

リハビリ看護に携わり5年になります。リハビリ看護とは奥が深く難しいですが、身体的回復を共に喜べる日々は、やりがいがあり楽しいと感じています。セラピストが行うリハビリだけでなく看護師の役割は「看護師としてできること・看護師だからできることはないか」を考えながら関わることだと思っています。多くの患者様は、入院という制限のある生活にストレスを受け、退院後の生活に不安を抱えながらリハビリを行っています。

私は医療者であると同時に、1対1の人として患者様に向きあることを心がけています。患者様をよく観察し本当の思いを感じる、疾患から患者を捉えるのではなく、患者から疾患や症状を捉え、本当の願いや気持ちに寄り添い気づくことができ、看護師として多職種に様々な提案をさせていただくことが大切と思います。また、多職種の協力を調整し患者様の希望を一つでも達成できるよう、今できることを諦めず丁寧に対応していくことで、信頼関係を気づくことも回復リハビリにとってとても大切で、より効果的であると考えています。心を寄せることがリハビリ看護の原点であると思っています。

ページのトップへ