教育制度

教育計画

教育委員会の目的・目標・活動内容

目的
  • 看護専門職として、対外のニーズに添った質の高いケアを提供するために必要な知識・技術・態度の向上を図る。
  • 教育委員は看護部の教育者の一人として自ら研鑽する態度を忘れず教育態度配慮ができ職員の育成に努める。
目標
  • 看護専門的知識・技術・態度の向上をはかり、
    看護実践能力を身につける。
  • 個々の看護観の再構築を図る。
  • 看護倫理に基づいた看護実践ができる。
  • 自己研鑽をはかり学習態度を忘れない。

研修風景

活動内容
  • 段階教育の企画・運営・評価・フィードバック
  • 院内・外研修、学会参加の促進
  • 他部門との協力・連携を図り学習環境を高める
  • 教育委員の質の向上と能力開発に研鑽
  • 研修後の伝達運営
  • 院内看護研究の啓蒙教育の枠組みとねらい

研修風景

教育システム

平成29年度

※現在キャリア開発ラダーを試験導入中、平成30年4月より正式導入



  基本構造


      1)ステップ:基本ステップ・専門ステップに分かれる

 

      2)レベル:基本ステップ(レベルⅠ・レベルⅡ・レベルⅢ)

 

             専門ステップ(レベルⅣ・レベルⅤ)

 

​      3)臨床経験の目安

 

          レベルⅠ:卒後1~2年目

 

          レベルⅡ:卒後3~4年目

 

          レベルⅢ:卒後5~6年目

 

          レベルⅣ:卒後7~10年目

 

          レベルV:卒後11年以上

 

看護部の目指す看護師は

 

 病院の理念・基本方針のもと、泉州地域医療圏においてトップレベルの回復期リハビリテーション病院である使命を発揮します。
 地域の人々の健康に関するニーズに応え、質の高い看護の提供できるように、豊かな感性と高い倫理観を持ち幅広い知識・技術・態度を統合して根拠ある看護実践が行える看護師の育成を目指します。

 


求められる能力

 

  1)専門職として
    ①医療従事者として、多様な専門職と協働し、チーム医療を推進する能力
    ②人権を尊重して患者の権利の擁護を基本とした対応ができる能力
    ③看護の専門的知識・技術を有し、根拠を持ち看護ケアを実践できる能力
    ④主体的に学び、研究的観点をもち、新しい看護を創造できる能力

  2)組織人として
    ①病院の理念・方針を理解し、看護職員として病院経営に参画できる能力
    ②患者・家族・医療チームのメンバーとして良い人間関係を築いていく能力
    ③良い組織づくりを目指し、自ら変革を推進していくことのできる能力


  3)職員として
    ①患者の尊厳を守るために行動化できる能力
    ②病院の社会的役割を果たすために、医療の立場で、地域貢献できる能力

 

ページのトップへ