看護部の紹介

病棟と外来について

一般病棟

一般病棟イメージ

内科疾患・専門的カテーテル治療(BAE)に加え、リハビリ目的の入院など、多岐にわたる看護を提供しています。
在院日数も短いため、限られた時間でのメンバー間の報告・連絡・相談が重要になります。
そのため、入院時からできるだけ本人・家族を含めて今後の方向性について関わりを持つ意識を心掛けています。

新しいスタッフも加わり、新チーム編成(4チーム)で固定チームナーシングに取り組んでいます。リハビリスタッフや地域医療スタッフなど、コメディカルとの情報共有や意見交換も大切にして、日々カンファレンスを行なっています。 看護理念にもある「いろんなあきらめないを胸に」心にゆとりのある看護を提供するためにスタッフ全員が一致団結し、チーム力を高め、目的・目標を持ち、統一した看護を提供できることを心掛けています。

回復期リハビリ病棟

回復期リハビリ病棟イメージ

回復期リハビリ病棟は、何らかの原因で受傷し、健康な身体を奪われた患者様・ご家族様が、その人がその人らしく、当たり前のことを当たり前にできることを看護師だけではなく、医師・リハビリセラピスト・MSW・看護補助者など他職種が互いに協力し、援助させてもらっています。

在宅をイメージできる組織作りに努め、他職種が互いに主張するのではなく、尊重できることを大切にしています。時には時間を要しますが、患者様の状態に応じて待つことのできる看護を行なっています。患者様はもちろん、回復期リハビリ病棟で働く職員も同様に大事にし、守っていく事が私の使命だと思い、日々取り組んでいます。

ページのトップへ